www.detroitheirloomconservatory.org
車を手放す際や、また所有車の売却手続きのさいもどちらも印鑑証明が必要になります。この印鑑証明という書類に関して解説しましょう。印鑑証明書とは、ある印鑑が実印であることを証明する目的を持つ公式な書類です。これがなければその印鑑が実印として認められていることが保証できません。個人にとっては相当高額な取引になる中古車の買い取りなので実印が必要になることになりますが、その時に印鑑証明が登場します。印鑑証明を発行するにはまずは印鑑証明しておかなければなりません。印鑑証明に登録する印は実印と呼ばれていてこの世に一つだけの判子である必要があります。実印を準備して、お近くの市役所などの取次ぎ所に行くことで、すぐに印鑑登録できます。印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードというものがもらえて登録したはんこは実印として使えるようになったということになります。印鑑証明書を発行してもらうためには役場の担当部署で、専用の書類に必要項目を書いて印鑑登録カードを持参するだけでできます。それに自動交付機でも交付してもらうことができます。印鑑証明には有効期限はないのです。なのでいつの印鑑証明でもその効力はあるということになります。しかし、中古車買取のときには必要になるのは現在より3ヶ月以内に交付されたものである必要があります。ほとんどの場合期限を定める必要はないですが自動車の買い取りの際は、買い取り先の業者が有効期限を定めていますので、もし中古車買取を検討している場合は手放す前に用意しておく必要があります。