www.detroitheirloomconservatory.org
クルマに乗っている方であれば知っているはずですが、自動車税を支払う義務があります。そして自動車税は手放すクルマ売却の際に一般的に戻ってくるのです。このような事は本当にやってみるとすぐ頭に入ってきますが、順に詳細に紹介します。事前に補足しておけば、国産のメーカーの車だけに限らず外国の車等も税が戻ってくる範囲に決まっています。これは自動車も当てはまります。クルマを持っている人が支払い義務を負うものでこれはクルマの排気量により規定されています。1リッター以下なら29500円で、1リッターから1.5リッター以下までだと34500円。これからは500ccごとに5000円が乗ってきます。この金額は4月1日現在ので車を保有している人が年度内の全額を払うという決まりになっています。つまりは先払いということなので、クルマを手放して、所有者でなくなった場合は先に払った分の自動車税は戻ってくるというわけです。この自動車税は先払いで来年3月までの金額を払いますのでその年度内に愛車を買い取ってもらったときは新たな所有者が自動車税の納付義務を負うということになります。買い取った相手が買取専門業者なら売却時に所有者が先払いしている分のお金を返してくれます。つまり所有権が移った日以後の税は権利が移ったオーナーが支払わなければならないのです。10月の間に車を手放した際は、11月以降翌年3月中までの税金は還ってくるのです。それは繰り返しになりますが自動車税というのは前払いであるということからもわかります。要は、売却者は売却相手に税金を返還してもらうということになります。個人的に愛車を売却する場合意外とこのような重要な事実に気づかない方がいますため、しっかり確認をとるようにすることです。自動車税が車の売却で還ってくるということを意外に知られていないからと言ってそれを説明しない業者もあるのです。こちら側から税金に関して言わなければ、全然返金のことには触れないということもしばしば聞きます。ですからクルマの売却をする場合は払いすぎた税金が返還されるのかどうかを聞くことを忘れないようにしてください。